田舎暮らし 格安物件 / 古民家 賃貸 / 田舎暮らし 賃貸


「スポンサードリンク」

 

 

日曜日

古民家の賃貸より改築可能な中古住宅での田舎暮らし

田舎暮らしを古民家の賃貸でするのも良いと思うが、いくら格安の賃貸とは謂え、あっちもこっちも修繕を古民家のオーナーに依頼しても、雨漏り等の重大な欠陥でもない限り、オーナーは修繕しないと思う。
そうなると、賃貸で借りている古民家の修繕費用が、借主に大きくのしかかって来る。
日曜大工が趣味で、田舎暮らし物件の古民家を賃貸で借りるのなら、補修箇所が多い方が満足度は高いと思うが、最近は不景気の所為でそういう趣味も減っている。
やはり安心して田舎暮らしが出来る物件は、昭和57年以降に建てられた一戸建ての中古住宅であろう。
田舎暮らしは物件の購入より賃貸で

木曜日

田舎暮らしは物件の購入より賃貸で

田舎暮らしに憧れて、これから田舎暮らしを始めようとしている最中、田舎暮らしのリスクなど考えている人は少ない。
特に、古民家等の格安物件を購入(賃貸)して有頂天になっている最中であれば、なおさらである。
しかし、憧れの田舎暮らしとは謂え、田舎暮らしには物件の購入や賃貸での田舎暮らしに拘らず、田舎暮らしを始めて初めて分かる田舎暮らしの暗黒部分がいっぱい存在する。
その暗黒部分を一つ一つ乗り越えれば、最終的に田舎暮らしのリスクなどは存在しないのであるが、どうしても乗り越える事が出来ない暗黒部分に遭遇した場合、田舎暮らしから逃げ出すというリスクを取るしか方法は無い。
そういう風に逃げ出す時に、田舎暮らしを始めた古民家等の物件が購入物件だったら、その損害額が莫大となる。
たとえ古民家等の格安物件だったとしても、数百万円の損害となる。
しかし、田舎暮らしを始めた古民家等の物件が賃貸であったなら、あっと言う間に逃げ出す事が出来る。
そう言う訳で、田舎暮らし物件は賃貸でという事になる。
賃貸なら、すぐに逃げ出せる。
田舎暮らしは格安の古民家等の賃貸で始めよう。
そして、その賃貸物件で2年間暮らしてみて、想像通りの素晴らしい田舎暮らしがエンジョイ出来れば、その物件の購入を検討するのも良し、はたまた周辺で購入物件を探すのも良かろう。
最初から逃げ出す事を前提に田舎暮らしをする訳ではありませんが、後後降りかかるであろうリスクが例え1%でも有る限り、最初は賃貸で安全に暮らしたいものです。
田舎暮らしは古民家等の賃貸から!

田舎暮らしはしたいけど、格安物件を探せない